音楽を楽しむなら自宅に防音室を作ってみませんか?

男の人

外に音が漏れません

女の人

住宅内で楽器演奏などをする時には、防音工事ができる業者に依頼することによって、騒音対策を立てることができます。この時、部屋の壁や床、天井を二重構造にしますので、壁などを壊す必要がないため、住宅の柱のバランスも崩れません。

トラブルになる前に

工事

近隣住民とのトラブルの原因の一つに音に関するものがあります。特に楽器を演奏をするという場合には、その音がトラブルの原因となる可能性があります。そこで、トラブルに発展する前に防音工事を検討することをおすすめします。

楽器演奏をするために

作業員

思う存分楽器を演奏したいと考える方におすすめなのが部屋の防音工事です。防音工事を行うことで心配事をすることなく、自分のもつ楽器のポテンシャルを引き出すことができます。またバンドなどの多人数での演奏も可能になります。

騒音の解決に役立つ

内観

音の反響も重要です

島国である日本は土地が少なく、住宅を建てるにも狭い隙間で隣接しているのがほとんどです。そのため、集合住宅なども多く建てられ、隣家や上下階の足音といった騒音のトラブルが絶えません。近年では建築技術が向上したことから、音が漏れにくい部屋を作ることが多いですが、それでも確実性はなく、ピアノを弾いたりシアタールームで大音量で視聴することは簡単にできません。しかし、防音室なら音が漏れることはないので、誰に気兼ねなく大音量で楽しむことができます。防音室はすでに出来上がった建物でも、後から必要な素材を使って工事することができます。吸音材や遮音材、制振材といった素材は文字通り音を吸収したり、逃さないようにしてくれます。また、音は素材にぶつかって反響を起こすのですが、正しい音が聞こえているかは室内の環境次第です。外部に音が漏れないだけでなく、反響に気を使うことで防音室内の音をクリアにすることもできます。シアタールームやピアノの練習をする部屋では、綺麗な音を聞くことが重要になるので反響に気を使った工事をしてみるのも良いでしょう。防音室を作るには壁だけでなく、天井や床にも同じ素材を使用して密閉に近い空間を作ることになります。結果的に床や天井から音が響くことがなくなり、集合住宅でよくある足音や物を落とした時の騒音の悩みも解決するようになります。自分だけでなく周囲にも静かな環境を作ることができるため、近年では防音室の需要が高まっています。